未分類.

必要に迫られて、事務所を改装する計画をしています。
2月は時間があったのですが、最近忙しくて、なかなか進みません。
以前は、完成した物件のオープンハウスをしていたのですが、不特定多数が
自分の住まいに入ることを敬遠されるクライアントが多くて、出来なくなっている傾向があります。セキュリティの面からも、当たり前のことだと思います。今までがラッキーだったのかもしれません。
完成物件の施主に御願いして、身元が分かっている方には、完成後の物件を見学して頂くことも行っているのですが、じっくりと説明できないことが多いのです。
私が見て頂きたいのは、住まいの内外観やそこでの暮らしぶりなどですが、
説明したい重要な1つが、自然素材を使った時の壁や天井の割れの入り方や、床材の隙間などの欠点です。今までも、そのような欠点は説明していたのですが、もっとじっくりと説明し、そんな欠点も許容できる人、好きな人でないと、造作建具や自然素材は使えないと考えています。そんな材料を使える人なのかを、見極めたいと思います。
住んでいるお客さんの前で、「こういうふうに割れが入ります。」とか
様々な欠点を長々と説明しずらいので、ショールームを作りたいというのが
6割、ショールームにして、私の造る住まいの雰囲気を感じてもらいたいのが
4割くらいの考えです。
「類は友を呼ぶ」で価値観の近い人に来ていただけるショールームにしたいと思います。
 写真はG-house。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 工務点

    紅春1970【2】さん
    >好きな人がいればokですよね!その人は間違いなくファンの方ですもんね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*