H-house reform(河内町).

ここ栃木でも、一般住宅を改装したカフェが、「カフェ好き」の間で人気。
那須のShozo cafe、益子のstarnetがよく知られたカフェのようです。
そんなカフェのインテリアの特徴は、「非日常的で寛げる」というものかもしれません。
反対の意味の言葉のような気がしますが、「非日常的空間+寛げる+美味しい」でないと、人は集まらないようです。
そんなカフェに頻繁に訪れるヘビーユーザーは、ほぼ間違いなくインテリア好きです。
「カフェ好きはインテリア好き」という3年程前から、私の中にある諺?は、全国的なもののようです。
Hさんご夫妻はカフェ好きで、H-houseの室内は「お気に入りのカフェのように」Hさんが寛げる空間、というのが目指した1つでありました。詳細な納まりまでイメージされていたので、私はそれを形にして、非日常的になりすぎないように注意することが役目でした。
私はヘビーユーザーではなく、たまーに行く程度ですが、カフェは大好きです。
そんな、カフェ好きのクライアント宅に打合せで訪れると、間違いなくインスタントではない、ちゃんとしたコーヒーを頂けます。
写真は玄関ホール。左の引き戸はキッチンへ、右はリビングへ。

  1. ヨシダクラフト

    私が、カフェを頻繁に利用しなくなった理由は、
    さかもとさんのコーヒーをうちで飲んでいるからかもしれません。
    以前は近所のスタバによく行ってました。

    返信
  2. 平松組四代目

    僕もカフェ好き、インテリア好き(笑)
    一頃、cafe style reformなどと企画したいと思ってましたが、obの仕事が忙しくて、忘れてました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*