H-house reform(河内町).

ダイニングルームです。
この部屋は、壁と天井を石膏ボード+白い水性塗料で仕上げています。
キッチンはオーダーキッチン。
オーダーになった理由は、既製品で使いたい物がなかったからです。
ベースキャビネット奥行き600というサイズにしたかったこともオーダーにした理由。
一般的な既製品キッチンの奥行きは650で、それを置くと今まで物を置いて使っていた
出窓が使えなくなってしまいます。
今まで使っていたキッチンサイズがとても使いやすかったようで、奥行600はそこから決まりました。
また、クライアントが切り抜きしていた雑誌のキッチンはそこになじんで使い込まれたようなものばかりでした。
その場所に馴染んだ、主張しすぎない、使いやすいキッチンを目指しています。
普通に見えますが、「ここが何センチ、そしてここがこう」と打合せを繰り返し行い、クライアントにとって使いやすいキッチンになったと思います。
照明の感じと壁と床の仕上げ、建具の意匠の雰囲気もあって、何故か懐かしい感じのするキッチンになりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*