SS-house(宇都宮市).

 打合せしては、直すという作業をしていたSS-houseの図面が完成。 

今日は、協力業者さんに現地に来てもらって、見積の為の現場説明会でした。

鉄骨造3階建ての2階部分を全て解体し、新しい生活をする為にリフォームします。

いわゆるフルリフォーム、再築です。

場所は、うちの事務所の3件隣。うちの親父が22年前に造った家。

旦那様の退職を前にフルリフォームするという、いわゆる団塊の世代リフォームです。

 少し前に去年完成した、H-houseを見学し、素材と寸法の確認をしてきました。

特にオーダーキッチンの部材はH-houseと共通のものが多いので、参考になったと思います。

 空間を繋げて、広く使う為に直行する建具に柱を入れていない所が2箇所あります。

また、H-houseと同様。古い部分で、施主のSSさんの残したい部分がありまして、それを残して、再生して使います。今まであった古い良い部分が生かせるというのがリフォームの良いところだと思います。出窓のカウンターと羽目板を再塗装して使います。

今回もまた、オーダーキッチン、オーダー建具、珪藻土、無垢フロアというクライアントと打合せし決めてきたオリジナルのエレメントで構成されます。

クライアントの造るステンドグラスが何箇所か入る為、シンプルな内装を計画しています。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*