SS-house(宇都宮市).

3月3日はひな祭り。
うちは娘が2人です。
上が4才。下が1才。
(たしかそう。年齢間違ってないよな。名前も真由まゆと真央まお、なので間違いやすい。)
SS-houseの奥様から、手作りのステンドグラスの雛人形を頂きました。
とてもシンプルでかわいい。
事務所に飾ってあります。
実は昨年引き渡したSS-houseは未完成。
ステンドグラスの入る場所が2箇所ありまして、出来上がり次第、
建具屋さんにいれてもらうことになっています。
SSさんのお宅はうちのご近所。
夜にお宅の前を通ると、暖かい色の照明が2階からもれているのが見えます。
私たちの造った家で生活されているんだなと、灯りをみると実感します。
全て照明は電球色。
ダウンライトですっきりと納まっています。
そこに趣味のステンドグラス照明もありまして、いい雰囲気。
ハウスメーカーにありがちな、寒い蛍光色の照明を天井にドカンと付けた単純な照明計画ではありません。ハウスメーカーの住宅展示場の照明計画はよく出来てますが、実際建っている家は、時間を掛けずに計画したショボイものが多いように思います。
このステンドグラスを見て思いました。
ものを造る趣味はいいですね。
人気ブログランキング←ポチッと押してください。感謝しております。
時間のある方はこちらも←ポチッと押してください。ありがとうございます。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*