建築いろいろ.

椎名林檎
現場への行き帰りの1時間程度、車中では彼女の音楽を聴くことが多い。
彼女のように力のある作り手は、作品の中に「聴き手の居場所」を作ることが出来る。
小説家、映画作家、住宅作家も「ユーザーの居場所」を作品の中に作れることが名作家の条件。
心地よい音楽。
歌の中に聴き手を引き込む力はすごい。
天才。
楽曲     「罪と罰」     
「頬を刺す朝の山手通り、タバコの空き箱を捨てる・・・」と歌われると、
寒い冬の山手通りを歩いているような錯覚を起こします。
魔法にかけられる。
虚構なのに嘘を感じない。
それは風景描写で始まる歌詞が多いことも関係していると思います。
初対面で椎名林檎のファンだと分かると、価値観の共有さえ出来る気がします。
殆ど全ての歌を作詞作曲しているのも同じ作り手として尊敬。
自分で歌が作れないアイドルやミュージシャンが活躍できるのは長くて10年。
浜崎あゆみは消えるけど、歌の作れる宇多田ヒカルや椎名林檎は残る。
特に彼女の作る歌詞は独特な世界観を持ちます。
代わる人が居ないポジションを確立している。
万人向けでは無いけれど、一部のファンに強く好かれている。
それは私の目指す場所でもあります。

20年以上活躍しているのは、サザン、ユーミン、矢沢等、自分で作れる人ばかり。
自作出来ない人(価値の核心部分を他人の力で作っている人)は全て消えています。
全てです。
何故消えるか?
自分で作る能力が無いから。
協力してくれていた作曲者等の力が落ちたり、喧嘩別れする可能性もあります。
また、年齢を経て考えや環境の変わった自分を表現することは、他人では難しいのです。
そうなると実力がないので、軌道修正できなくて消えることになります。
松田聖子が残っているのは、自分で歌が作れるようになったからだと思います。

スケールやお客さんの数は全く違いますが、住宅業界の造り手も全く同じ。
自分で設計が出来ない工務店やリフォーム会社。
「建築家と造る家」「デザイナーズリフォーム」などと広告を打ち集客しようとします。
こんな広告を見たら。
実力の無い自称建築家やデザイナーが、実力の無い工務店、リフォーム会社と組んで商売しようと思っていると考えて間違いありません。
ダメな人同士で組んでいるので、住宅業界のほうは最初から上手く行きません。
間違って上手く行っても3年程度のようです。
実力のある人は自分の作品性、個性を大切にします。
それが生命線だということが分かっているからです。
ですから、滅多に他人と組みません。
さて、私の目指すところ。
それは椎名林檎のように、代わる人の居ないポジションに立ち、お客さんに心地良い居場所を提供できる。
住宅系自作自演屋です。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 紅春1970【3】

    タイムリーやな~^^
    丁度ぼくは亀田氏のfm出演を聴いて彼のファンに
    なったばかりです
    東京事変のベースでもあります
    でも、1曲も聴いてないのでした彡(-_-;)彡

    返信
  2. 紅春1970【3】

    まったく仰せの通りですね
    家づくりは悲しいかな1年以内で終了するので
    メッキ工務店かどうかの判定がすぐには出ない
    ということもありますよね
    僕らだったら人目でわかるんですが
    素人さんなら確かに判別が難しい・・・
    この問題は永遠のテーマですね。

    返信
  3. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    タイムリーやねー。
    演奏はよくわかりませんが、東京事変のメンバーも実力者ばかりなんでしょうね。
    私は巻き舌のころの林檎さんが懐かしいです。
    >タイムリーやな~^^
    >丁度ぼくは亀田氏のfm出演を聴いて彼のファンに
    >なったばかりです
    >東京事変のベースでもあります
    >でも、1曲も聴いてないのでした彡(-_-;)彡

    返信
  4. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    くどいと言われようと、言語(言葉と文章)で自分の考えを説明するしかないようです。
    写真と雰囲気でその建築がわかるなら、本屋にあれほどの建築本は無いはず。
    昔から建築界の偉人たちも言葉で説明をしています。
    このブログは言語化の良い訓練だと思っています。
    >まったく仰せの通りですね
    >家づくりは悲しいかな1年以内で終了するので
    >メッキ工務店かどうかの判定がすぐには出ない
    >ということもありますよね
    >僕らだったら人目でわかるんですが
    >素人さんなら確かに判別が難しい・・・
    >この問題は永遠のテーマですね。

    返信
  5. カントリーライフ@Oregon

    デザイナーズリフォームというのは、デザインをする人と工務店のコンビのことを言うんですか。知りませんでした。ヨシダさんのブログにくると、知らないことがたくさんある!と自分発見の場にもなっています。

    返信
  6. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    そうです。コンビのことを言っています。
    名前を付けて、売りやすくするのも大切だと思います。
    上記の理由で長期にわたり上手くいっているところは無いようです。
    >デザイナーズリフォームというのは、デザインをする人と工務店のコンビのことを言うんですか。知りませんでした。ヨシダさんのブログにくると、知らないことがたくさんある!と自分発見の場にもなっています。

    返信
  7. カントリーライフ@Oregon

    ヨシダクラフトさん
    ありがとうございます!
    なるほど!納得です。からくりは意外に基本的で理解がスムーズにできるところにありますね。
    ビジネスのパートナーシップは、結婚と同じ。結婚生活のように耐えたり妥協したり工夫していいところを出して協力していかないとうまくいかないと教科書にありました。
    >上記の理由で長期にわたり上手くいっているところは無いようです。

    返信
  8. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    血痕生活?(結婚生活ですね。笑。)の話は共感できる話ですね。
    >ビジネスのパートナーシップは、結婚と同じ。結婚生活のように耐えたり妥協したり工夫していいところを出して協力していかないとうまくいかないと教科書にありました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*