A-house(上三川).

A-Houseの少し変わった収納をご紹介。
ダイニングと繋がる和室の天井高さは2.1M。
施主が体験し、心地よく感じた和室の天井高さを元に寸法決定。
和室の床高さは、ダイニングより40cm上がり。
その段差部分に抽斗を仕込んでいます。
雑誌建築知識の納まり特集号を参考に造りました。
図面を提供していたのは東京の工務店。
s-1.jpg
正面から見る。ピタリと綺麗に納まっています。
手かけの木材はマホガニー。素材の色違いがアクセントで手かけ位置を表示。
s-3.jpg
下にキャスターが付いていてコロコロと手前に引き出せる。
名づけて、デルデル抽斗(ひきだし)。
1列は畳1枚分
真ん中のアルミアングルを外すと、1列が2つに分割できる。
普段使わないものを収納するには良いと思います。
造作建具(オーダー建具)でないと出来ない収納です。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. カントリーライフ@Oregon

    いいですね!この整理だなに収納引き出し横に2引き出しx奥行きに2列もってきたところが、状況によって箱の奥と手前を入れ替えたりもできて・・・思いやりというかそういった心や知恵があたたかいなと。
    床をパネルごとにはがしたら、床下収納とか出てきそうですね。そんなのあるのかは存じませんが・・・・

    返信
  2. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    何もしなければ、デッドスペースですから。
    割と使いやすいと思います。
    >いいですね!この整理だなに収納引き出し横に2引き出しx奥行きに2列もってきたところが、状況によって箱の奥と手前を入れ替えたりもできて・・・思いやりというかそういった心や知恵があたたかいなと。

    >床をパネルごとにはがしたら、床下収納とか出てきそうですね。そんなのあるのかは存じませんが・・・・

    返信
  3. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    他の会社の施工例を写真でみたことはあったのですが
    造ったのは初めて。
    結構あいますね。
    >合いますねー
    >木目がキレイなんですね

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*