.

1ヶ月前。
TOTO出版から出ている「安藤忠雄の建築3」を買った。
安藤本
主に日本での大規模建築が写真と文章で収められている。
本の中でも小さな建築、光の教会
その増築部分、光の教会日曜学校のページが見たくて買ってしまった。
正確にいうと、日曜学校の長椅子の納まりが見たくて。
シナベニアで造られた簡素な造作家具。
造形が美しい。
この本、図書館で借りたがどうしても欲しくなってしまった。
もちろん古本。
今、何気なく見ていたら・・・
サイン本
サイン本でした。
光明寺のスケッチ入り。
得した気分。
他に安藤さんのサイン本はというと・・・
安藤本2
雑誌「太陽」安藤忠雄特集 1995年10月号。
サイン本2
大学時代、バイトしていた建報社でもらいました。
その後、建築雑誌に載っていた城戸崎邸の写真も建築の道に進むきっかけになりました。
その施工を担当した工務店に就職しました。
関東地区の住宅系安藤建築は、ほぼその会社でした。
就職試験は終わっていましたが、どうしても入りたくて押しかけ就職。
安藤さんの建築を見ると、就職したばかりの新鮮な気持ちになります。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. カントリーライフ@Oregon

    ご縁があったんですね。
    働かなくてはいけないと思うと毎日重たい人生のような色の日々の妄想に悩みますが、どうせ働くのなら好きなことをして好きなものに囲まれて、それで生活できるなんていい生活!と思えば急に明るい日々に思えてくるので不思議です

    返信
  2. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    枝葉末節の部分では嫌なこともありますが、
    好きなことを仕事に出来て良かったと思います。
    >ご縁があったんですね。

    >働かなくてはいけないと思うと毎日重たい人生のような色の日々の妄想に悩みますが、どうせ働くのなら好きなことをして好きなものに囲まれて、それで生活できるなんていい生活!と思えば急に明るい日々に思えてくるので不思議です

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*