未分類.

図書館にネット予約していた「橋本治と内田樹」が貸し出し可能とメールがきて、図書館に到着。
市内の図書館にある本をネット予約できて便利。
読みたい本の7割くらいはある感じ。
写真は今日返す本。
どちらも建築本。
都市住宅クロニクルは、散漫な印象でした。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 本物大好き

    私もよく図書館を使います。
    ネットで蔵書検索ができるようになって、図書館の使用頻度が増えました。
    イーブックオフも組み合わせると、新刊以外はほとんど手に入りますね。

    返信
  2. ヨシダクラフト

    本物大好きさん
    書き込みありがとうございます。
    私も、ネット検索できるようになって使用頻度が増えました。
    なるほど、イーブックオフも組み合わせるのですね。
    今度、やってみよう。
    >私もよく図書館を使います。
    >ネットで蔵書検索ができるようになって、図書館の使用頻度が増えました。
    >イーブックオフも組み合わせると、新刊以外はほとんど手に入りますね。

    返信
  3. カントリーライフ@Oregon

    図書館にはいろんな本があるんですね。
    図書館学を大学で教えている教授が、去年学会の打ち上げ会でカナダでみた図書の情報システムをどうしても取り入れないとという想いで活性化と情報化に力を入れていると熱意を込めて話していました。
    村上春樹さんと河合隼雄さんの対談本に、村上さんが日本に帰って来た理由の一つに日本における日本語の識字率が高く、大多数の日本人が日本語を読み書きできる事自分が日本語で伝えて行くと決めたから、のようなところがありました。
    内田さんのブログには、英語を話す技術より従来の読み書き教育重視の方がいい。どれだけの人が外国へ行ったり英語を日常で話す場面にであうか?多くの人は興味があれば図書館にいって洋書をひもとき、現在本から死んだ人が書いた死者との交信も出来て現実的とありました。
    図書館が充実する事で国民の識字率のメンテまで出来て効率の良い優れたシステムなんだと今思いました。
    アメリカの私の住む町は大学の本も借りれるし、図書カードは大学のロゴが図書カード。大学ロゴ入りの本専用トラックがあちこちの図書館に配達し、確か家の固定資産税にいくらか請求額が記載されていました。dvdも借りれるし、cdの音声本、そのうちデジタル本など貸し出し出てくるのかな?

    返信
  4. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    相手の話を理解したり。
    自分の意見を言ったり、書いたり。
    国語力を上げるのは重要でコミュニケーションをとる基本。
    図書館でいろんな考えや表現に触れるのは、仕事上でもプライベートでも大切なのです。
    オレゴンの大学図書館は立派ですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*