.

私は工務店を経営しています。この本は名前のとおり、建築学生向けの就活本ですが、建築実務者の私が読んでも興味深い内容です。実は、これから家を建てる施主予備軍にも読んでもらいたい本。就職先としてハウスメーカー、工務店、ローコストビルダー、設計事務所のそれぞれの特徴も的確に分かりやすく書いてあります。就職先と家づくり依頼先の選択行為は、自分の身を能動的に任せるという意味で似ていますから。
建築学生は昔から就職情報が少なく、その上、社交的な人も少ない為か、的確な情報収集ができず、就職活動も盲目になってしまいがち。私もそうでした。しかし、設計や施工分野以外にも自分を生かせる分野が必ずあるはず。実は建築業界にも、一般には知られていない優良企業や将来有望な業態があります。「業界の人間しか知らねえだろう。」という情報や企業も具体的に載っているのでオススメしたいと思います。
この本は、建築設計者であり、学生とも近い位置で活動している著者だからこそ書けた内容の本でしょう。
20年程前の就活時期にこんな本があれば、私の就職先も変わっていたかもしれません。価格も1050円(税込み)。この内容なら安いと思いますね。
———————————————————————
この本は、友人の星さんが書いた。ぜひ、ご一読を。
ホームページをリニューアルしました。ご覧ください

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*