未分類.

 

10月10日(土)の午前中。

 

半年点検で顧客のAさんの家に。

 

エスプレッソマシンで

 

美味しいカプチーノを入れていただく。

 

このマシンをどこに置くかという打ち合わせもしたなあ。

 

エスプレッソをよく飲むという話で、

 

コーヒーを頂くという話がやっと実現した。

カプチーノ2

 

すぐにこのとおり。

 

さて、家の話。

 

キッチン脇の収納扉には、コルクボードを貼って

 

子供の学校行事等のプリントを貼っている。

コルクドア

 

これは、奥さんのアイデア。

 

便利とのこと。

 

既製品だとこれは出来ない。

 

造作建具ならいろいろと工夫ができます。

 

新しいホームページもよろしく!

 

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. fujito-m

    開け閉めするときに剥がれないのかな~なんて思ってしまいました。
    僕はよく、壁3尺巾をコルクフロアで仕上げることがありますよ。
    アクセントにもなるし、いくらでもピンがうてる。
    僕のブログ見ていただいてありがとうございます。

    返信
  2. ヨシダクラフト

    fujito-mさん
    藤戸さんこんにちは。
    剥がれるとはおっしゃってなかったけど、
    バタンと閉めると、剥がれるかもしれないですね。
    コルクを貼るベストポジションだったので、そろっと、扉を閉めていただければと。
    暮らしのその後を知っている、工務店の社長らしい意見だなと思いました。書き込みありがとうございます。
    また訪問させていただきます。
    >開け閉めするときに剥がれないのかな~なんて思ってしまいました。
    >僕はよく、壁3尺巾をコルクフロアで仕上げることがありますよ。
    >アクセントにもなるし、いくらでもピンがうてる。
    >僕のブログ見ていただいてありがとうございます。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*