地域情報.

3月22日(月)午前中。

 

栃木県立美術館へ。

 

他県のナンバーも目に付く駐車場を抜けて

 

入場料700円を払い中へ。

 

三沢厚彦│アニマルズの最終日。

 

 

 

 

原寸大の木彫りの動物は、わかりやすくポップ。

 

経歴を読むと、木彫りの動物を造り始めたのは2000年になってから。

 

最近だ。

 

作品の製作年を見ると、造り始めの物は、写実的であまりデフォルメされてない。

 

分かりやすく言うと、ちょっと素人っぽい感じだ。

 

試行錯誤の結果、2000年になってから、

 

動物の木彫りで、世に出るきっかけを掴んだ方なのだろうか?

 

 

 

 

 

近年のものは、三沢さん ご自身のイメージからくるポップな存在感がある。

 

実物に似ているのは昔のものだが、印象的なのはもちろん近作。

 

 

 

空間構成は、豊嶋秀樹さん

 

白くペイントされた巾10cm程度の表面ザラザラの木材を縦張りにして、

 

一部を迷路のように仕切っている。

 

空間構成も作品と合っていて、とても上手い。

 

この空間構成がなかったら、これほど良くは感じられなかったかも。

 

 

 

分かりやすく素敵な展示だったので、

 

もっと早く行って、ブログで紹介したかった。

 

2010年1月24日~3月22日まで開催されていた。

s-P1030328.jpg

 

パンフレットも付いていて、この値段は安い。

 

子供は無料でした。

 

 

 

 

 

リフォーム 栃木県 ヨシダクラフト 

注文住宅 栃木県 ヨシダクラフト

 

 

 

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. mizu さん

    トップのお穣ちゃんとキリンさんの写真が印象的(^-^)
    とても温かみのある作品ですね。可愛らしいし
    小さな子供が喜びそう。

    返信
  2. ヨシダクラフト

    mizuさん
    緊張してしまったようです。
    表情が硬い。
    「日本の油絵展」も同時開催。
    良かったですよ。
    >トップのお穣ちゃんとキリンさんの写真が印象的(^-^)

    >とても温かみのある作品ですね。可愛らしいし

    >小さな子供が喜びそう。

    返信
  3. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    いつものとこは、宇都宮市立美術館なので今回は違う場所なんですが、栃木県立美術館もリニューアルしましたから、今後もいい展示を期待してます。
    >でも、そこはいつも結構おもしろい企画をやりますよね。

    返信
  4. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    ありがとうございます。
    木の質感はいいですよね。
    実物を見ると、木の削り方等とてもよかったです。
    >お嬢さんかわいい。

    >暖かみある作品ですね。ウッドカービングすると癒されるのかもしれない、やってみたいなという気持ちになります。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*