K-houseリフォーム.

計画しているリフォーム工事に取り掛かれない。
原因は両隣の隣地を借りないとリフォーム工事で使う
足場が掛けられないこと。
足場が無いと外壁工事が出来ない。
場所は、弊社事務所のすぐ近く。
宇都宮市の中心市街地。
敷地いっぱいに建物が配置されて、
建物同士の隙間は、人も入っていけないほどの狭さだ。
そこに足場を掛けないと工事できない。
今の宇都宮の中心部は、空き家、空きビルも多く、
わりと頻繁に所有者が変る。
地方都市は、どこでも同じだろう。
今回は、運悪く
両隣の土地の所有者が変る時期と、リフォーム工事の計画時期が
重なってしまった。
土地建物の所有者が決まらないと、
足場を掛けさせてもらう相談できないのだ。
片方の土地建物のオーナーには、やっと了解を得たが
もう一方の敷地の売買契約が今月末とのことなので、
それまでは外部の工事が出来ない。
隣地境界線と自分の家の隙間は、1m程度は取らないと
人も通れないし、足場も掛けられないから
外壁のリフォーム、メンテナンスが難しくなります。
そのような場合は、隣地を借りる必要が出てくる。
土地を借りるときは、隣地住人との関係が良い、悪いに関らず
上記のようにスムーズには行かないこともあるので、
新築するとき、自分の建物の周囲には、最低1m程度のスペースは取りたいものです。
今回のリフォームではその事を再認識しました。
リフォーム 栃木県 ヨシダクラフト 

 注文住宅 栃木県 ヨシダクラフト

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 紅春1970【3】

    色んな要素をクリアさせないといけないんですよね。
    ま、陶芸家の方も言ってましたが、「思うようにいかないことが常として、受け入れることが大切だと」わかっちゃーいるんですがね^^

    返信
  2. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    隣家と近い街中の家の工事は大変です。
    造る仕事より、話す仕事のほうが多いかもしれません。
    >色んな要素をクリアさせないといけないんですよね。
    >ま、陶芸家の方も言ってましたが、「思うようにいかないことが常として、受け入れることが大切だと」わかっちゃーいるんですがね^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*