建築いろいろ.

 

7月30日午後。

 

小泉照明が行ったLED照明のセミナーに行ってきた。

 

 

 

住宅用照明の現在の状況は

 

蛍光灯からLED灯に移る変換期。

 

住宅用照明の電球の変移は、

 

白熱灯~蛍光灯~LED灯と流れる。

 

 

 

LED照明のメリットは低消費電力で長寿命なこと。

 

寿命は、白熱電球の約20~40倍らしい。

消費電力は一般的な白熱電球と比べて約10分の1。

 一般的な蛍光灯と比べて約3分の1。

超寿命だから、天井が高く交換が難しい場所の照明にも適している。

 

 

現状でのデメリットは、値段が高いこと。同じ型の蛍光灯の倍の金額です。

普及すれば値段は下がるはず。

 

また、既に家庭で使っている蛍光灯や白熱灯の照明器具から、

電球だけをLED電球に変える場合

電球の色が各社かなり違うこと。

パナソニック、東芝、海外メーカーのLED電球を比べましたが

色がかなり違う。

だから、同じ部屋の電球を

LED電球に交換する場合はメーカーを統一する必要がある。

 

 

デメリットになるのか微妙だけど、

新しくLED照明を買う場合は、電球と本体が一体型の照明器具が殆どで、

電球が切れた時に電球だけの交換は出来ず、

照明本体の交換となる。

 

 

電球交換できないのは、

今までの照明と違うので、かなり違和感がある。

メーカー側の説明によると、電球自体が超寿命なので

器具本体の寿命とほぼ一致しているからという。

 

そこで疑問があったので、質問してみた。

買った時に電球自体に問題があることが分からず

取り付けてしまった場合。

電球だけの交換は出来ないので、本体込みの交換となるが

その場合はどうするのか?と。

 

 

メーカーで責任を持って交換するとのことです。

 

 

10年で2度ほど、買ったばかりの照明に不具合があったから。

 

 

新しい物が、すべての面で良いとは限らないので難しいところです。

 

現在、お客さんにどの照明を提案するかは微妙だが、

長い目で見るとお得だから、予算があればLEDです。

 

 

注文住宅 栃木県 ヨシダクラフト

 

 

リフォーム 栃木県 ヨシダクラフト 

 

 

 

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 紅春1970【3】

    経産省のレポートでも数年後には100%ledに移行させるようですね。アイリスオーヤマがホームセンターで安いのを売っていましたが、ちと怖いですよね^^

    返信
  2. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    まだ、led照明器具の値段が高め+蛍光灯や白熱灯器具から交換用のled電球の色は各社かなり違うという過渡期のようです。
    >経産省のレポートでも数年後には100%ledに移行させるようですね。アイリスオーヤマがホームセンターで安いのを売っていましたが、ちと怖いですよね^^

    返信
  3. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    公的施設には少し前から使われていますが、住宅はこれからですね。
    >ledのおもちゃやキーチェンライトなど多く出回っています。外付けのガレージドア横のライトや家の脇道の足下を照らすライトとかはledが多くないですか?

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*