建築いろいろ.

現在、住宅業界は異常事態。
断熱材が手に入らない状態が続いています。
断熱材が入らないと、次の工程に進めませんから

工事はストップしてしまいます。
今注文しても、納期は2ヶ月先と言われています。
これから、日本各地で完成引渡しの遅れる住宅が多くなるでしょう。
きっかけは、今年から始まった住宅エコポイントと住宅ローン「フラット35S」、長期優良住宅。
住宅関連の優遇制度で省エネ対応の基準を満たすため、高性能の断熱材需要が急増したのが要因。
去年の住宅着工戸数の激減から、断熱材メーカーが生産を縮小していたことも対応が遅れた要因だと言われています。
施工中のM-houseは、羊毛断熱材なので
今回の騒動の影響を受けずに済みました。
壁、床、天井を羊毛で断熱します。
羊毛断熱材は値段が少し高いこと、また作り手も知らない断熱材であることで
今回の影響を受けにくかったのだと思います。
今後、日本の家の断熱仕様は大きく変わります。
次世代省エネ基準が全ての家の(建築確認申請の)必須条件になる日も近いようです。
特に、省エネと快適性の観点から、窓の性能アップも含めて
今年と来年の住宅エコポイントの果たす影響は大きいと思います。
やっぱりそう考えると、民主党がいいのかなあ?(謎)
リフォーム リノベーション 栃木県 ヨシダクラフト
注文住宅 栃木県 ヨシダクラフト 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 紅春1970【3】

    羊ちゃん大人気で嬉しいような困ったような・・・。
    でも、これからはもっと上の性能が求められるしそうならないとイケナイですよね。

    返信
  2. ヨシダクラフト

    紅春1970【3】さん
    日本の省エネ住宅を前に進ませた動力として、
    エコポイントの果たした役割は大きいと思います。
    羊ちゃん大人気で良かったじゃないですか?
    人気すぎて入荷しないというと困りますが。
    >羊ちゃん大人気で嬉しいような困ったような・・・。
    >でも、これからはもっと上の性能が求められるしそうならないとイケナイですよね。

    返信
  3. ヨシダクラフト

    断熱材だけでなく、ルーフィング(屋根下地防水シート)も無い。
    これはエコポイントの影響のない建材だから
    誰かが買い占めているか、高値になるのを狙っている
    輩がいるのだろうか??

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*