M-house(宇都宮市).

屋根垂木が、規則正しく303ピッチに取り付けられた。
軒とケラバの出が91センチあるので、風や雪の重さにも耐えられるように垂木ピッチを細かくしている。
M-houseの屋根は、近頃の住宅には珍しく、ケラバを出している。
P1030719.jpg
屋根垂木を上から見たところ。
規則正しく並んだ様子が美しい
きちんと壁から屋根を出したほうが、雨が外壁に当たりにくくたり傷みにくい。
軒下の設備の劣化も軽減できる。
反対に軒やケラバの出ていない家は、雨の中で傘を差さずに立っている人間のようなもの。
人なら、洋服から雨が染みて風邪を引く。
それだけならまだ良いが、ずっと雨に濡れたままならどうなるだろう?
体調を壊してしまうだろう。
雨水の悪い影響を極力受けないようにするには、軒とケラバを出す必要がある。
最近、新築されている住宅を見てほしい。
日本の自然の摂理に反した、軒の出ていないBOX型の家が多いのかわかるだろう。
ヨシダクラフトでは、リフォームも多く手掛けている。
リフォームで、建物の完成後の様子を見ることが多いことから、屋根に勾配を取り、軒もなるべく出したいと考えています。
屋根についての考え方は、
弊社ホームページの長く暮らせる家の5をご覧ください。

画像.jpg
本日の様子
構造見学希望の方はお気軽にご連絡ください。
連絡先はこちら。info@yoshidacraft.net
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. ヨシダクラフト

    昨日はありがとうございました。
    写真、男前に写っていたら欲しいです。
    紅春1970【3】さん
    >昨日はありがとうございました。
    >懸垂幕もかっこいいですよ~。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*