建築いろいろ.

久しぶりの日記。
東日本大震災では、
災害面で、人が住むのに適していない地域がある
ということが分かったことがショックだった。
津波により壊滅的被害の東北の沿岸部は、
海と山に挟まれた平地に家が密集して建てられていた。
今後復興が進み、以前と同じ場所に家が建てられたら、
数百年に一度の地震とはいえ、また津波による被害が出る可能性が高い。
仕事場と観光地は以前の場所としても、
出来れば、住まいを津波の影響を受けない高い場所に移すこと。
津波の起きた時、高台までスムーズに行ける道路も必要だろう。
既存より高い堤防を造ることも。
しかし、ずっとその場所で暮らしてきた人々にとっては、
そこに愛着がある。
新たに土地を買って家を建てて引っ越すには
多額の費用がかかるから、現実的でない。
千葉県浦安市に代表される液状化地域も同様だ。
自分がその土地の住民で、かつ地域密着型自営業だったら
どうしただろう?
簡単に答えることは出来ないが、また、その土地に暮らす選択をするだろう。
私の住む宇都宮市でも、地域によって地震の被害の差が大きい。
昔から、人が多く住み栄えた地域は、地盤も良く被害が少ない一方、
宇都宮市の東部は、瓦の落下等の被害も多い。
今後は、土地取得のアドバイスも重要になりそうだ。
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. にろす

    暮らし方も含めたトータルな
    アドバイスが必要ですよね!
    まだまだ勉強しなきゃいかんと
    思いました。

    返信
  2. ヨシダクラフト

    にろすさん
    そうですね。
    また、土地を買う前に相談してもらえたら
    危なそうな土地を買うことも回避できるかもしれません。
    >暮らし方も含めたトータルな
    >アドバイスが必要ですよね!
    >まだまだ勉強しなきゃいかんと
    >思いました。

    返信
  3. ヨシダクラフト

    素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーターさん
    なるべく単純な平面にして面材を貼ることにしました。
    >僕も「構造」は完全門外漢なので、どこをどう勉強すれば良いのか。。。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*