私事.

昨日の昼前に飼っていた犬が死んだ。
1週間前から歩行不能、木曜日から水しか飲めなくなり
昨日は水も飲めなくなって、最後は断末魔の咆哮をあげて死んだ。
毎朝、檻を開けるとき、「今日は死んでいるのではないか」という
恐怖に似た寂しさからは開放された。
約14年一緒に生活をしていたので、最期が看取れてよかった。
歩けなくなってからも、自分の寝床では小便をしない気高さ?から、
ぐったりした大きな犬を抱えて、4時間に一度、小便をさせに外へ。
髭坊主の大男が、首と四肢をだらりと下げた
死にそうな犬を抱えて散歩しているのだから、ご近所の方にも
見慣れない風景だっただろう。
夕方には家族一緒に火葬場へ。
しかし、本当に最期まで手の掛からない犬だった。
日曜日の昼前という、家族が全員集合できて、火葬場に行けるジャストタイミングで
死んでくれたと思うのは、私が自分の犬を美化しすぎだからだろう。
犬が歩けなくなった同じ時期から、西村賢太氏の少説「どうで死ぬ身の一踊り」
を読み始めた。嘘のない私小説で悲惨でありながら、滑稽。
デオドラントでニュートラルな無印良品やユニクロ的なものとは対象的な、
強烈な体臭を感じさせる面白い小説。
やっぱりこういう小説が読みたい。
私の犬もアメリカンピットブルという強烈な犬種でした。
非常に親近感が沸いてしまうのは、同い年ということもあるだろうが
ツボも似ていて相性が合うのだろう。
犬が弱っていく様子と小説の進み具合が非常にマッチした。
これが絵空事ならこんなにしっくり来なかった。
芥川賞受賞時のインタビューの「風俗に行こうと思ってました」は
受け狙いかと思っていたが、そうでないのが小説を読めば分かる。
芥川賞受賞会見動画。
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 

facebook 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. 阿久津 さん

    御冥福をお祈り申し上げます。心中お察しいたします。宇都宮ではなかなかいない犬種。14年の歳月、人間でいうと中学生。犬の年齢では相当なお歳ですよね。闘犬もいつかは逝くのですね。やさしい家族に見守られて本望だったでしょう

    返信
  2. ヨシダクラフト

    阿久津さん
    阿久津くん、コメントありがとう。
    何度か、遊んでもらったドナくんが死にました。
    最期の世話が出来て、看取れてよかったと思ってます。
    >御冥福をお祈り申し上げます。心中お察しいたします。宇都宮ではなかなかいない犬種。14年の歳月、人間でいうと中学生。犬の年齢では相当なお歳ですよね。闘犬もいつかは逝くのですね。やさしい家族に見守られて本望だったでしょう

    返信
  3. miyajimaNORIzo さん

    いつかは来てしまうと思いつつもそうなって欲しくないと思うのが人間の感情ですね。
    最期が近づいて来たとき自分なら正直悲しみを乗り越えられるか自信がありません。
    どことなく吉田君に似てる雰囲気のある犬種だけにその気持ちの深さは察し出来る範囲を遙かに超えた深いものなんじゃないかと思います。
    ワン君にとっては家族と最期に会えて納得のいく形で天国へ旅立ったんでしょうね。
    残された家族にとっては悲しみを拭うことは簡単にはできないけれど、
    14年もの間かわいがられてきたワン君は今天国で幸せに眠ってるのだと思います。

    返信
  4. ヨシダクラフト

    miyajimanorizoさん
    miyajiさん、コメントありがとうございます。
    いつもブログ読ませて頂いてます。
    心中はお察しのとおりです。
    犬は飼い主に似るといいますが、その部分でも
    お察しのとおりで、いかつく大食いで気が小さいという私にそっくりの犬でした。(笑)
    >いつかは来てしまうと思いつつもそうなって欲しくないと思うのが人間の感情ですね。
    >最期が近づいて来たとき自分なら正直悲しみを乗り越えられるか自信がありません。
    >どことなく吉田君に似てる雰囲気のある犬種だけにその気持ちの深さは察し出来る範囲を遙かに超えた深いものなんじゃないかと思います。
    >ワン君にとっては家族と最期に会えて納得のいく形で天国へ旅立ったんでしょうね。
    >残された家族にとっては悲しみを拭うことは簡単にはできないけれど、
    >14年もの間かわいがられてきたワン君は今天国で幸せに眠ってるのだと思います。

    返信
  5. ヨシダクラフト

    素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーターさん
    そうだったんです。ありがとうございます。
    >ということは、昨日は1匹だけだったんですね。
    >最後まで飼い主に愛されて旅立ったのですから幸せ者ですよね!

    返信
  6. カントリーライフ@Oregon

    永遠に心の中に残っているよい思い出が亡くなったピット犬君の安らかな眠りになると信じています。
    情景が、飛行機の映画の中でみた バケットリストみたいです。
    ジャックニコルソンとフリーマンが出ていました。ヨシダさんとピット犬君。
    西村氏の芥川賞作品とコメント文芸春秋3月号デジタル版で読みました。人間のえぐい部分をこれでもかい?とえぐるようで自虐的な小説でヨシダさんとイメージが重なりません。

    返信
  7. ヨシダクラフト

    カントリーライフ@oregonさん
    ありがとうございます。
    犬ですが、家族同然でしたので、やはり寂しいですね。
    西村さんの小説は、私小説ですから、リアルで
    思わず笑ってしまうような箇所が多々あり、
    私にあっている小説です。
    >永遠に心の中に残っているよい思い出が亡くなったピット犬君の安らかな眠りになると信じています。

    >情景が、飛行機の映画の中でみた バケットリストみたいです。
    >ジャックニコルソンとフリーマンが出ていました。ヨシダさんとピット犬君。

    >西村氏の芥川賞作品とコメント文芸春秋3月号デジタル版で読みました。人間のえぐい部分をこれでもかい?とえぐるようで自虐的な小説でヨシダさんとイメージが重なりません。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*