建築いろいろ.

住宅エコポイントが終了間近です。
平成23年7月31日までに着手した新築・リフォーム工事が対象となります。
当初は今年の年末、12月31日までの工事が対象でしたから、
5ヶ月短縮されたことになります。
予想を大幅に上回る申請数だったようです。
バラマキ政策との批判もありましたが、
特に既存住宅の省エネの普及をしたことで
住宅エコポイントが果たした役割は大きいと感じています。
住宅エコポイントを利用しなかった方にも、
省エネ仕様の住宅を意識させたという点で評価できます。
お金の面でも、
10万円程度の内窓工事の場合、
3万円程度のポイント(商品券)がもらえました。
内窓等のエコリフォーム以外の工事もすると、
ポイントが商品券でなく現金でもらえるという
夢のような制度。
既存住宅の場合、一番お金が掛からず
簡単に施工でき、効果が上がるのは、
既存サッシに内窓を付けること。
断熱性能だけでなく
防音性能もかなり上がります。
写真は先週行った内窓工事。
もともと、ペアガラスでしたから、
内窓と合わせるとガラス4枚です。
もうすぐ締め切りです。
住宅エコポイントを使った工事を考えている方はお早めに。
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 

facebook

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

  1. ヨシダクラフト

    素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーターさん
    そう。断熱材を壁に入れるには壁を撤去する必要があるので、お金と工期が掛かり、まさに高い障壁。
    今後はその壁を壊したいです。
    >ウチ窓に終始したエコポは今後壁の断熱強化推進が“壁”ですね^^

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*