リフォーム.

去年からリフォーム工事のご依頼を頂いているSさんから電話。
「畳から竹が生えてきた」とのこと。
伺って、畳と下地の板を外して床下を覗くとこんな様子。
庭の竹が行き場を無くして、床下から生えてきたようです。
その日は、私の手の届く範囲の竹を引き抜いて終了。
非常に床下の湿気も高く、床下の土全面にカビも生えている。
家の外周部を歩いて、湿気の原因がすぐに分かった。
床下の通風を確保する為に、基礎外周部に開いている
床下換気口が、水切り金物で覆われて全て塞がっている。
15年程前、外壁リフォームをした際に床下換気口も塞いでしまった様子。
換気口は、私の手がやっと入るくらいしか開いてない。
2011.6.12 3.jpg
これでは、通風しないから、床下の湿気は高いはず。
後日、シロアリ業者を呼んで床下の竹をすべて撤去してもらい
非常に狭いスペースに生えている庭の竹を撤去させてもらった。
水切り金物をカットして、通風を確保する予定。
竹は非常に生命力が強く、敷地内や隣地に生えていると厄介なことも多い。
以前、別のお宅では、隣地の笹竹が塀の下から敷地内に入ってきて、
樹脂製のウッドデッキを壊してしまったことがあった。
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

facebook

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*