.

この本が2008年に出た時、
あらゆる書評やブログにてこの本の面白さが絶賛されていたので、
完全に読む気を無くしていました。
本でも人間でも建築でも衣服でも食べ物でも車に対しても、
良かったという意見の他に少し否定的な意見も無いと、
万人向けなのかなと興味を無くすように脳が働いてしまうようです。
後で読みたいリストに入りました。
著者の師匠である立川談志さんが亡くなったので
図書館で借りて読みました。
面白くて、一気読み。
中でも、談志さんの言葉が明快で響きます。
談春さんが、弟弟子の志らくさんに抜かれて
「嫉妬とは、」の部分は、特に。
この部分は、多くの方がブログ等で書かれて居ますので書きません。
この「嫉妬とは」の内容も簡潔でわかりやすいし
談志の凄さの一端が出ていると思います。
師匠の言葉をここまで明確に覚えていて、
文章にする談春さんは凄い。
「赤めだか 嫉妬」で検索すると出てきます。
この本。買うことにしました。
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

facebook

  1. ヨシダクラフト

    素晴らしき地場ビルダーランドのナビゲーターさん
    そうなんですか。知らなかった。
    >評するも評せらるもあっぱれ!
    >これは勝海舟が竜馬が西郷に会った時の感想を聞いての一言。
    >そんな感じの著書なんですね。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*