O-house.

2012.6.8 007.jpg
図面が出来て直ぐに
地耐力調査(スウェーデンサウンディング試験)を行い
ベタ基礎では不適格という判定が出ました。
簡単に言うと、地盤があまり良くなかったということ。
地盤が良くないと、基礎工事前に地盤補強工事が必要になります。
地盤補強の工法もいろいろなありますが、
o-houseは、小口径先端翼付き鋼管杭を用いた地盤補強工事を選択しました。
普通の小口径鋼管杭とは違い、先端に30センチほどの円盤のような翼が付いています。
この円盤により支持層への接地面を大きくできます。
8.5mの硬い支持地盤まで杭を入れて建物を支持しています。
7月初めから基礎工事が始まります。
注文住宅 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト 
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

facebook

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*