.

二度はゆけぬ町の地図.jpg
西村賢太氏の「二度はゆけぬ町の地図」読了。
おなじみの主人公、北町貫多の多分10代が舞台となっている短編集。
悲惨味(悲惨ではない。ここ重要)もあり滑稽というのは、氏の作品に共通だが、
主人公の(私小説だから著者の)若く勢いのある年代を描いているので、
文章にも勢いを感じる。
悲惨味のある話に、落語や漫才の面白さもプラスされていると言えば
分かりやすいだろうか。描写が上手いので、思わず笑ってしまう。
氏の作品に共通だが、「ビートたけしのオールナイトニッポン」
を聞いていた世代の人は共感、共笑してしまうだろう。
私がそうだが、
年齢45才前後だと直撃世代だ。
同年代でビートたけしのオールナイトニッポンの
影響を受けていない人は少ない。
作品にオールナイトの記述等が出てくるわけではないが、非常に影響を感じる。
何故かと思い返すと、オールナイトでも悲惨味のある笑いが多かった。
だから似た感じがあるのだろう。
読後感は爽快。
リフォーム リノベーション 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

facebook

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*