心房細動 カテーテルアブレーション.

  • IMG_0374.JPG

初入院で感心したのは病院の家具、備品。
非常に使いやすいものが多かった。
医師や看護師等の作業者と患者の経験や苦労から
機能、寸法、色が導き出されたので、使いやすいのだろう。
例えば、病室枕元のベットサイドキャビネット。
テレビ、テレビボード、抽斗収納、衣類入れ、机、冷蔵庫、貴重品入れという
7つの機能がコンパクトにまとまり、病室の枕元に納まる。
非常に使いやすい。
幅12センチの細長い扉を開けると、ハンガーで衣類が掛けられるようになっている。
机機能は、天板が抽斗の間からスライドして出てくるが、
特殊な金物を使っていて、
ベットに寝たままでも、天板を出したり、畳んだりできるので、
「そこに物を置いてください」と自分が使い易いように指示できる。
テレビも跳ね上げ式になっていて、スペースを有効に使える。
パラマウントのベッドサイドキャビネットのページには様々な仕様がある。
良いグレードのものが置かれていたようですが、
デザインがもっと良かったら満点。
facebook 「いいね!」お願いします。
リフォーム 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*