IM-houseリフォーム.


一定規模以上のリフォーム工事の場合、最初に現場で行う工事は解体工事です。
内装の模様替えやキッチン交換等の軽微な解体を伴うリフォームなら大工や他の職人が解体工事を行います。
しかし、モルタルやタイル等の重い建材を壊す必要のあるリフォームの場合や土砂を処分するような工事の場合。特殊な道具が必要になります。また重い残材を運搬処分するのは大変なので、解体と処分を一括して解体専門の業者に依頼することが殆どです。
リフォーム工事の完成を頭に入れて、必要ない部分を綺麗にキチンと解体しておけば、後は造るだけなので、解体工事はとても重要な工事になります。リフォーム工事の解体は、一軒まるごと解体処分する場合と比べると、解体するというより、「注意して省く」という感じです。
解体工事は図面では描けないので、通常、現場管理者(現場監督)は、解体工事中の殆どは指示と確認をしながら、現場に居ることが多いと思います。
解体業者さんは、まだまだ乱暴に解体する方も多くて、動画のように後の工事を考えて、
丁寧に解体してくれる業者さん、職人さんは貴重なのです。
住まいながらのリフォーム工事の場合、お客さんが最初に接する職人が解体工事の職人になることが多いです。お客さんが最初に接する職人が挨拶も出来なかったり、乱暴な態度だったりすると、先行き不安になるかと思います。そういう意味でも解体工事は重要なのです。
リフォーム 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*