IM-houseリフォーム.


大工さんが造る造作家具の動画です。
リフォーム工事では、増築する場合を除いて、
決められた狭いスペースに収納を確保することになります。
規制品の家具でなく、造作家具で収納を造れば、
現状に合わせて、限られたスペースでも使い易い収納を造れます。
形も扉も棚の枚数も自由自在。
新築はもちろん、リフォームにこそ造作家具がマッチします。
動画の下駄箱。
奥の細長い箱は、手前の箱より奥行が深い。
奥の箱は下がコート掛けになっているので、
靴を入れる部分よりも奥行を深くしています。
扉に姿見の鏡が付きます。
既製品のメーカー建材のドアや家具は廃盤になると
壊れてしまっても、部材が手にはいりません。
部品交換でなく、本体と周囲の壁まで壊して交換になってしまいます。
その点、造作建具、造作家具の場合は、廃盤になる心配が殆どない
シナランバーコアやべニア等、
当たり前の材料で造られているので、
万一壊れた場合も修理ができます。
P1050588.JPG
下駄箱完成
大工さんが造る造作家具の動画と書きましたが、
正確には、大工さんが箱を造り、建具屋さんが扉をセットして、
塗装屋さんが塗装して完成するオーダーメイドの造作家具になります。
リフォーム 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト
注文住宅 工務店 栃木県宇都宮市 ヨシダクラフト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*