リフォーム.

窓の断熱スクリーン、ハニカムサーモスクリーンを降ろして瞑想。

当社のWEBを見てご連絡頂き、今年4月から6月まで、宇都宮市宮の内(雀宮の近くです)でご自宅の一部を、ヨガスタジオにリフォームする仕事をしていましたが、先日オープンしたのでご紹介します。

 

ヨガハウスNUKUMORI

 

ヨガハウスNUKUMORIの特徴は、3つあります。

 

ヨガハウスNUKUMORIの特徴1 栃木県初のスリングヨガスタジオ!

スリングヨガ。

1つ目は、スリングヨガという天井(梁)から吊るされたスリング( 柔らかくて大きな布) を使って空中で行う新しいヨガができること。スリングを吊るすために、室内側に柱と太い梁を設けました。

 

エアリアルヨガではなく、スリングヨガです。

 

栃木県初のスリングヨガスタジオが、ヨガハウスNUKUMORIになります。

 

スリングヨガとエアリアルヨガは違いがあり、スリングヨガは1箇所で布を吊るすのに対して、エアリアルヨガは2箇所で吊るすヨガです。

 

ネットで調べたところ、エアリアルヨガは外国人が外国人のために作ったヨガであるのに対して、スリングヨガは、日本人が日本人の体形や骨格に合わせて作ったヨガであるとのことです。

 

1箇所で吊るすスリングヨガのほうが、不安定になり大変そうですが、その分様々な場所が鍛えられそうです。

 

スリングを吊るす、柱と梁を入れるのが結構大変でした。施工中のブログはこちら。

 

造作建具リフォームのメリットは、どこも壊さず、簡単にインテリアの雰囲気を変えられること

 

空中で浮かびながら行う、スリングヨガ(空中ヨガ)のスタジオを造るリフォーム

 

ヨガハウスNUKUMORIの特徴2  日光杉の香る気持ちの良い内装でヨガができること

 

日光杉の木の香りがする落ち着きのある室内。素足で歩くと気持ち良いです。

素足でヨガを行うため、床は栃木県産の杉のフローリング。厚さが3センチと分厚く、柔らかい材料なので歩き心地がとても良いです。

 

塗装も塗膜をつくる塗料でなく、自然塗料のオイル仕上げなので、素足で歩いても新建材のカラーフロアのようにベトベトせず、気持ちの良い肌触り。寝転がっても柔らかく、杉材の香りがしてリラックスできます。

 

壁と天井は、珪藻土仕上げ。ドアも無垢材を使い、見える部分や触れる部分は極力自然の材料で仕上げています。

ヨガハウスNUKUMORIの特徴3 現役の看護師さんが主催しているヨガ教室であること

主宰の鈴木さんは現役の看護師さんであり、勤務先の病院にも、自宅でヨガ教室を開くことを認めてもらいオープンしました。

 

普段たくさんの患者さんと接して、一般人よりも身体のことや弱った時の心の状態が分かっている看護師さんが、ヨガ教室の先生をされていることは利点だと思います。

 

看護師さん特有のハードワークに由来する不調が、ヨガを始めるきっかけになったとのことです。

 

室内の使い勝手やヨガ教室については、来月、主宰の鈴木さんにお話しを聞きに行ってきます。

 

ヨガ教室の他にも、キッチン・お風呂・トイレ等の水廻り、個室、各部屋の内窓設置、外構工事のリフォームを行いました。車も5台停められるように外構リフォームしました。

 

ヨガハウスNUKUMORI

 

ヨガハウスNUKUMORI Facebook

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*