H-house reform(河内町), リフォーム.

聚楽壁写真出典

聚楽壁(じゅらくかべ:京壁とも言う)は、和室等の壁に塗られている、薄い茶色や黄色のアースカラーの表面がザラザラした塗り壁のこと。30~40年前に建てられたお宅に多いです。

 

聚楽壁を珪藻土に塗り替えるリフォームでは、聚楽壁の上に珪藻土を塗るのでなく、最初にしっかりと既存の聚楽壁を撤去することが大切になります。

 

今日のブログは、聚楽壁を珪藻土に塗り替えるリフォームをする理由と、聚楽壁の撤去方法を書きます。

 

聚楽壁を珪藻土に塗り替えるリフォームをする理由

聚楽壁を落として珪藻土を塗った施工例。新築には無い雰囲気が出ます。

写真は当社施工例H-houseリフォームの和室

聚楽壁を珪藻土に塗り替えリフォームをする理由は主に2つ。

 

インテリアの雰囲気を変えたい意匠的リフォームの意味合いと、触ると砂のようなものがポロポロ落ちてくるので、そうならないように機能修繕的リフォームの意味合いの2つです。

 

珪藻土を塗って、インテリアの雰囲気を変えたいリフォームの場合に多いのは、接続する洋室との違和感を無くし、壁の真壁はあえてそのままに、珪藻土リフォームと一緒に、床の畳を無垢フローリングに張り替えることも多いです。

 

真壁をそのままにすることによって「新築には無い雰囲気」も出ますし、大壁にしなければ石膏ボードを貼る工事が必要ないので、コストダウンにもなります。

 

聚楽壁を珪藻土にする機能修繕的リフォームについては、

 

1.聚楽壁は、触ると砂みたいなものがポロポロ落ちてくる

2.汚れや色むらが出てきた

3.物がぶつかって傷がついてしまった

 

のような不具合が出てくるので、珪藻土に塗り替えたいという場合も多いです。珪藻土にすると、聚楽壁よりも調湿作用・消臭作用が高いという利点もプラスされます。

※真壁とは柱が露出する壁のこと。古くからの日本建築に多いです。

※大壁とは柱が石膏ボード等で覆われて、露出しない壁のこと。

 

珪藻土に塗り替える場合の聚楽壁の撤去方法

聚楽壁を珪藻土に塗り替える場合は、はじめに既存の聚楽壁を撤去します。撤去せずに、既存の聚楽壁の上に珪藻土を塗ると、聚楽壁と一緒に塗った珪藻土が剥がれ落ちたり、ひび割れが入りやすくなる心配があるからです。

鏝(こて)で聚楽壁の剥離剤を塗布します。

まず、既存の聚楽壁に「じゅらく壁・繊維壁剥離剤」を鏝(こて)で塗布して、柔らかくなったところを、スクレーパー(へら)で落とします。

柔らかくなった聚楽壁をへらで落とします。綺麗に剥がれます。

既存聚楽は、剥がれて湿った粉状態になるので、床や出窓は養生しておきます。

じゅらく壁・繊維壁剥離剤は、粉を水で溶いて、片栗粉のようにトロトロになったものを聚楽壁に塗布すると、15分程度で剥がれます。

聚楽壁を剥がした部分は水分があるため、1~2日以上乾かした後、シーラーを塗ります。シーラーってこんな液体です。

シーラーを塗布した後、1~2日以上乾かして、珪藻土を上塗りします。珪藻土は、下塗り→上塗りしても、もちろん良いですが、下地の状態が良ければ、上塗りだけで良いと思います。

 

※シーラーとは、下地への水分の吸い込みを抑え、下地からの灰汁やヤニ等の汚れを防止して、上塗りの施工性や仕上がりを悪くしないためのもの。

 

今日のわかった

聚楽壁を珪藻土に塗り替えるリフォームをする場合は、既存聚楽を聚楽剥離剤で落とし、乾燥してからシーラーを塗って、シーラーが乾燥してから珪藻土の上塗りを行う。

 

聚楽壁に珪藻土を塗る場合は、一応珪藻土メーカーや販売代理店に施工方法を聞いてから行うのが良いと思います。特に自然素材の場合は、メーカーや販売代理店は、その建材の特徴やクレーム内容をよく知っていますから、問い合わせたほうが間違いありません。

 

珪藻土といってもいろいろあります。珪藻土が固まる時に、珪藻土特有の「孔」を固めない、「ちゃんとした珪藻土」が良いと思います。

 

珪藻土については動画もご覧ください。

 

睡眠時無呼吸症候群対策で、鼻呼吸したいので毎日これを付けて寝ています。伸びるので違和感無く眠れます。だんだん鼻呼吸になってきているような気がします。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*