SI-house(宇都宮市), 住宅設計, 高断熱高気密省エネ住宅.

南側の隣地に4階建てのビルが建ち、そのビルが日射を遮っている。南東側しか採光の取れる開口部が無いのが分かる。

 

断熱材を分厚く施工すると、夏は室内に熱がこもり、「高断熱高気密住宅」は「冬は暖かいが、夏も暑そうだ」と、漠然と思っている人がいらっしゃると思います。

 

実際は、キチンと窓の日射遮蔽をして日差しを遮れば、Q1.0住宅の場合、分厚い断熱材のおかげで、真夏の熱が室内に入りにくく、快適で省エネになります。

 

今日は、Q1.0住宅の「夏の温度と湿度の実測データ」から、高性能住宅の夏の快適性を見てみましょう。

 

真夏の2日間の温度と湿度を計測したデータと提示したあと、考察をします。

 

結論を先に言うと、日射遮蔽できているQ1.0住宅(断熱性能の高い超高性能住宅)は、エアコン1台程度で、家全体を24時間冷房しても、省エネで快適です。

 

高断熱高気密Q1.0住宅、夏の2日間の温度変化グラフの考察

201783日~4日の2日間の温度変化グラフである。室内5か所と室外1か所の合計6箇所計測した。

 

計測箇所は、玄関ホール・LDK・床下・寝室・洗面所・外部の合計6箇所。

 

24時間エアコンを付けていたのは、2階吹き抜け部の1台のみ。室内各所の室温は、25度前後で非常に安定している。

 

ちなみに、8月中の別の日、外気温度が34度になった日に、実験的に朝エアコンを止めて外出してみたそうである。夕方5時くらいに帰ったところ、冷房をかけていないのに室温は26度に保たれていたとのこと。

 

猫のために終日冷房を付けていたが、冷房を止めても室温は上がらないことが分かったので、今年夏は出勤前に冷房を止めて、昼間は冷房しなくても良いだろうと施主と話しをしている。

 

高断熱高気密住宅、夏の2日間の温度分布グラフの考察

外気温度が変動しても、室内各所の温度は、25度前後に保たれているのが分かる。

 

高断熱高気密、夏の2日間の湿度分布グラフの考察

外の湿度が変化しても、室内の湿度は安定している。

 

 

夏の暑さ対策の基本は「日射遮蔽」

窓の内側に取り付けた日射遮蔽材、ハニカムサーモスクリーン

 

「日射遮蔽(にっしゃしゃへい)」とは、窓ガラスの外側や内側で日射を遮ること。

 

庇、すだれ、よしず、オーニング、窓外側の断熱ブラインド、窓内側の断熱ブラインド(ハニカムサーモスクリーン)等を状況によって使い分けて、室内への日射を防ぐことが、夏の暑さ対策の基本になります。

 

特に、このQ1.0住宅は、一番上の写真のように南側に近接して4階建てのビルが建っており、そのビルが日射遮蔽材になって、夏の日差しを遮ってくれた。

 

街中の狭小敷地では、隣の家やビルが日射遮蔽材になる。

 

室内に通風できる窓を計画し、熱をこもらせないことも大切

夏の夕方等、気持ちの良い風が吹いている時は、室内に通風できる窓を計画し、熱をこもらせないことも大切だ。

 

春や秋の中間期には、上手く通風計画してあると、風が抜けてとても気持ちが良い。

 

この住まいの場合、田川からの川風をトップライトで抜く計画で、とても上手く行った。

  

夏も高断熱高気密住宅のほうが冷房負荷も少なく、涼しく過ごせる。この住宅の断熱性能はQ1.35UA0.39  

南東面の大きな窓は、日中、窓内側の断熱ブラインド(ハニカムサーモスクリーン)を下ろしており、南側もビルが日射遮蔽材になっていたので、夏の暑さ対策の基本である「日射遮蔽」は上手く行った。

 

この住宅の断熱性能Q値1.35、UA値0.39 である。 日射遮蔽が上手くできている場合、分厚い断熱材で断熱強化したほうが、冷房負荷は少なくなる。

 

実測結果から、吉田兼好のように家は夏を旨とするのでなく、冬を旨として分厚い断熱材を施工したほうが、日射遮蔽が出来ている場合は、夏の熱の流入防止にも効果があり、快適に過ごせる。

 

窓の外側にすだれやよしずを掛ければ、より日射遮蔽できるので、もっと冷房負荷は下げられたと思う。

 

高断熱高気密Q1.0住宅で冷房を26度設定で、24時間運転した場合のオール電化の電気代

この住宅はオール電化であり、冷房能力2.8KWのエアコンを2か月間付けっぱなしにした、7月と8月の電気代は平均9000円程度。

 

猫を2匹飼っているので、誰も居ない平日の昼間も冷房をしており、24時間運転を2か月間続けた。

 

オール電化住宅なので、給湯やその他の電気代も入った料金である。

 

本日の「Kindle日替わりセール」は、歯に衣着せぬ評論家、宇野常寛『母性のディストピア (集英社文芸単行本)』1,499円(54%OFF)。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*