私事.

新しくなったタイヤ。

軽自動車の車検前に、Amazonでタイヤ交換をしてみました。

 

走行距離が短いのでタイヤの溝はしっかりとあるのですが、側面に「ひび割れ」が入っており、給油に行く度にタイヤ交換を勧められていたのです。

 

タイヤ側面に「ひび割れ」が入るのは、走行距離が短い車の特徴のようです。

 

車検時にタイヤ交換となると、検討もせずに「おまかせで交換」となりそうなので、試しにやってみました。

 

良かったら参考にしてください。

 

最初にAmazonで「タイヤ交換サービスチケット」を買います。

私が買った「タイヤ交換サービスチケット」はこちら。

 

13インチ用以下のタイヤ交換チケット。

 

タイヤの廃棄処分も一緒に行なってもらうチケットです。

タイヤ組替セット(バランス調整/廃棄込)-13インチ以下-4本

¥ 7,776 (税込)

 

この軽自動車の場合、タイヤ本体側面に「155/70R13  75S」とあるのがタイヤの仕様です。13インチだと分かります。自分のタイヤを見てタイヤの大きさに合ったチケットを購入します。

 

Amazonでチケットを購入するとメールが来て、交換の候補予定日を3日申請することになっており、メールで手際のよいやり取りができます。分からなければ電話で聞けるので安心です。

 

次にアマゾンでタイヤを買って、グーピットに指定された近所の自動車修理工場に直送

グーピット(Amazonマーケットプレイス)から、メールで近くの自動車修理工場の紹介が来ます。私の場合は、車で10分程度の「街の自動車修理工場さん」でした。

 

自動車修理工場が確定した後で、自分の車の「既存のタイヤの仕様」を確認して、アマゾンでタイヤを4本買います。

 

ダンロップ(DUNLOP) サマータイヤ ENASAVE EC203 155/70R13 75S

 

私の軽自動車のタイヤは「155/70R13 75S」という仕様なので、アマゾンで検索しレビューを見て購入しました。

 

¥ 5,100 税込(1本)×4本=20,400円(税込)

 

購入時に、このタイヤを自動車修理工場に直送します。

 

宇都宮は雪が降るのは年に2回程度で、かつ積もらないので私はスタッドレスタイヤを履きません。

 

タイヤ専門店等で安いタイヤを買うと、よくわからない輸入タイヤだったりすることがあるので、自分で仕様を決められるのは安心かもしれません。

 

交換日の前日に、グーピットの担当者から確認の電話がありました。

 

最後に指定の時間に自動車修理工場に行って交換

自動車修理工場に届いていたタイヤ

注文したタイヤは届いていました。30分程度自動車修理工場の事務所で待たせて頂き、タイヤを交換しました。

 

別途バルブ代金として、¥324(税込)×4本=1,296円(税込)掛かりました。この別途料金も事前にお知らせがあります。

 

Amazonでの軽自動車のタイヤ交換金額

 

タイヤ組替・古タイヤ処分込み4本で 7,776円 (税込)+タイヤ4本20,400円(税込)+バルブ1,296円(税込)=29,472円(税込)でした。

 

今日の分かった

Amazonでタイヤ交換をすると、自分で色々と仕様が選べるのが良いと思いました。タイヤも工場直送なので、自分で持っていく必要がありません。

 

手配も面倒でなく、指定の自動車整備工場も近いところを選んでくれます。

 

ちなみにタイヤチケット購入から交換までちょうど1週間でした。

 

いつも読んでいるこちらのブログを参考に、Amazonでタイヤを自分で選んで交換しました。

 

タイヤを交換するのにこうしたらディーラーの半額以下であがったよ

 

ネタでやったので価格比較はしていませんが、参考にしたブログによると、自動車用品の大手量販店やタイヤ専門店よりも値段は安いようです。

 

「分かりやすく説明すること」について、池上さんよりも上手い人は居ないかもしれません。

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*