リフォーム.

子供部屋間仕切り壁 下地

また、1つの子供部屋を2つに分けるリフォームを行ってきました。

 

「シナべニアで造る子供部屋の間仕切り壁リフォーム」も、このお宅で6軒目と定番になっています。

 

このホームページを見てご連絡頂き、子供部屋の間仕切り壁リフォームを行ったのは、自治医大の近くの人気の住宅地、栃木県下野市緑のお宅です。

子供部屋間仕切り壁 施工前

子供部屋間仕切り壁 完成。無塗装です。色は焼けて濃くなっていきます。

「シナべニアで造る子供部屋間仕切り壁」のメリットは8つあります。

見てみましょう。

 

メリット1 子供部屋の間仕切り壁が必要なくなれば、施主が解体できる

表面のシナべニアも下地木材も全てビス留めでボンドを使用していなので、将来撤去するのが簡単です。素人でも電池ドライバーがあれば、解体に1時間程度だと思います。下地木材は、2.4M~3M程度と長いので、解体した後、ノコギリで切断する必要があります。

 

解体したべニアと木材は近所で使ってくれる方がいれば、差し上げるのが良いでしょう。結構需要あります。

 

小さくカットすれば、近くの清掃施設などで、無料で取ってくれると思います。

 

普通の壁(石膏ボード下地クロス仕上げ)を造ってしまうと、解体するのも大変ですし、石膏ボードは産廃処分するしかないので、業者に解体処分依頼するしかありません。

 

メリット2 解体する必要が無ければ、間仕切り壁として長く使用できます

両側から厚さ9mmのしっかりとしたべニアを貼った壁なので、解体する必要が無ければ長く使えます。クロスの壁のようにクロス貼り替えの必要もありません。強度も普通の壁と変わりません。

 

メリット3 子供が学校から帰ってくるころには、間仕切り壁が出来ている

基本的に材料は全て外で切断。部屋の中は極力埃っぽくならないようにします。お庭や駐車場があると工事しやすいです。

 

間仕切り壁の長さが3M程度、部屋の高さが2.4M程度であれば、大工2人で作業して、通常は朝8時過ぎから初めて、午後の2時~3時くらいで終わります。

 

子供が学校から帰ってくるころには、間仕切り壁が出来ている感じです。普通のクロスの壁だと、大工工事1日、クロス工事1日の最低2日間掛かりますから、約半分の工期です。

 

メリット4 間仕切り壁部分にスイッチがある場合も、壁を造れる

写真のように、間仕切り壁がくる部分にスイッチがあっても、大工造作で工夫することによって間仕切り壁を造ることができます。

 

スイッチ部分には写真のように、使わない時は両側から蓋を付けて、プライバシーを確保しています。

 

メリット5 べニアの壁なので、どこでも画鋲やビスで掲示物を貼ることが簡単

べニアの壁なので、どこでも画鋲やビスが打てて、壁に何かを掲示するのに便利。普通の壁だと、下地木材のある部分にしか重い掲示物は飾れません。

 

9mmと厚みのあるべニアの壁は、どこでも結構重量があるものでも掲示できます。子供部屋の壁として適しています。

 

メリット6 断熱材を入れて、気密シートを貼れば防音性のある間仕切り壁になる

写真のように断熱材を入れて気密シートを貼れば、お互いの部屋の音は聞こえにくくなります。音に敏感な受験生にもピッタリです。

 

ただし、新築住宅の、通常の間仕切り壁は写真のような防音仕様にはなっていませんから、防音壁にするのは、必要のある場合だけで良いと思います。

 

メリット7 白っぽいシナべニアの壁なので、プレーンで違和感がない

シナベニアとは、仕上げ材として使われるべニアです。表面は白っぽくプレーンで、塗装をしなくても違和感がありません。

 

厚さも9mmのものが、薄くなく厚くなく、ベストバランスだと思います。

 

それに対して、OSB合板、針葉樹合板、ラワン合板は下地用のべニアなので、値段は安いですが癖が強いので、施工箇所や施工方法を選びます。倉庫や収納内の壁なら良いですが、お部屋の壁としては違和感があります。

 

メリット8 シナベニアの間仕切り壁に、自分で塗装ができること

シナベニアの壁には、写真のような色が塗れる。

シナベニアの壁は、塗装しないで引き渡していますが、できればオイルステイン(浸透性塗料)で塗装すると、シナべニアの木目が出て、より汚れも付きにくくなりベストです。

 

オイルステインは素人でも塗れます。クリア(透明)のオイルを塗るのは簡単ですし、写真のような好きな色を塗っても雰囲気が良いと思います。

 

今まで行った子供部屋を2つに仕切るリフォームのブログ

1軒目→子供部屋を間仕切り壁で2つに分ける方法。後で1部屋に戻したいならシナべニアの造作壁リフォームがお勧め

 

2軒目→ローコストで解体しやすい子供部屋の間仕切り壁造り

 

3軒目→防音性のある子供部屋間仕切り壁は、子供部屋を2つに分けられて将来撤去するのも簡単です

 

4軒目→スイッチやコンセントがある場合の子供部屋の間仕切り壁の造り方。子供部屋の間仕切り壁の設置リフォームは、断熱内窓と一緒に工事すると、部屋が暖かくなり子供の勉強効率が上がりますよ 

 

5件目→(5軒目)子供部屋の間仕切り壁の造り方。将来1部屋に戻すなら、シナベニアを使った間仕切り壁がおススメ!画鋲やビスも簡単に打てるので、受験生にも使い勝手良好

 

今日の分かった

子供部屋を2つに仕切る間仕切り壁リフォームは、「シナべニアで造る間仕切り壁」が良いですよ。

子供部屋の間仕切り壁を造りたい方は、お問い合わせからご連絡ください。

施工範囲は当社から30分程度だとありがたく、1時間以内なら行けます。

 

話が変わりますが、空きの無かった人気の住宅地、自治医大近くの下野市緑、中古住宅が結構売りに出ているとのことです。

 

編集会議、パンティ箕輪特集なので買っちゃいました。

 

吉田武志

有限会社ヨシダクラフト 代表取締役・一級建築士

栃木県宇都宮市を中心に、手作り感のある「暖房を止めて寝ても朝寒くない快適な注文住宅」と既存を生かした「リフォーム・リノベーション」を手掛けている。創業118年の工務店(2017年現在)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*