心房細動 カテーテルアブレーション, 研修・勉強会/展覧会.

シロクマと私

6/17土曜日。前日に心房細動が再発したので、事前に主治医と電話連絡で手術を決めて、入院前の診察で東京の病院に行ってきました。3度目のカテーテルアブレーションは、7/10~7/13の3泊4日の入院で受けます。

 

ネット検索すると、3回カテーテルアブレーションをしてブログを書いている人は何人かいらっしゃる。しかし4回以上行っている事例は殆ど出てこない。

 

想像だが3回カテーテルアブレーションを行って再発すると、医師も難治性と判断するので、4回目のカテーテルアブレーションは勧めないのかもしれない。患者側も3度目の正直で3回はチャレンジするが、3回やって再発すると諦めてしまうのかも。7回も行っている三浦雄一郎さんは異例。有名人の中にずば抜けて治療にチャレンジしている人がいると、身体を押される気分になるから不思議。やはり三浦さんは不整脈患者の星。

 

私の場合は不整脈状態になると「動悸・息切れ・めまい」が酷いので、何度でもカテーテルアブレーションするしかない状況だ。不整脈状態の時は、自分のポンコツ心臓を自覚し続けるが、治ると全く正常になる。自分で笑ってしまうくらい落差が凄い。

 

ちなみにこの2ヶ月は酒を飲まず、体調も良かった。再発してしまい軽く残念。2回目のカテーテルアブレーションを行ったのが2014年2月なので、約3年4ヶ月前だ。

 

天丼の岩松・横須賀

 

12時半くらいに診察が終わったので、千歳烏山駅前の定食屋でランチした後、同じ京王線の初台 東京オペラシティアートギャラリーで開催されている「片山正通的百科全書」へ。

 

東京オペラシティは、初台駅と直結されており、円形の中庭的スペースを通って建物に入っていく。何度か来ているが、この小さなスペースは、店舗と緑が周囲に配され、都会のオアシス感の演出が上手い。落ち着いた雰囲気でとても良い。

 

インテリアデザイナー片山正通さんはコレクターとしても知られ、この展覧会では、買い集めたアート・骨董・家具・剥製等の面白いものが並ぶ。大きく重そうな物も多数展示されており、搬入搬出が大変そう。

一番インパクトがあったのは、シロクマの剥製2体と木彫りの人形。見ると、ギョギョっとしてしまう。

 

どれも驚きのある楽しい展示でした。魅力ある驚きの品を1つか2つ持っていて、飾れると楽しい。しかし、シロクマも木彫りの人形も、大きいから良いのであって、小さければ魅力は薄くなる。これだけの大きさのモノを、余裕をもって置ける場所が必要だ。

 

2mを超える木彫りの人形は、大竹利絵子さんの作品。ザックリした彫り方が魅力的。外観が可愛いらしい上に、彫り跡も魅力がある。欲しくなった。

狸の剥製と対比すると、彫刻の人形の大きさが分かる。可愛らしくて魅力的。

ジャン・プルーブェのデスク。横から見ても美しく、壊れる要素も少ない。

ジャン・プルーブェは、フランスの工業デザイナー・建築家。ジャン・プルーブェの家具を初めて見たが、機能的で壊れる要素が少なくて良さそう。欲しくなりました。

 

  1. 猫好き

    吉田さん、こんばんは
    そろそろ梅雨本番、
    どうぞ、お大事になさってください。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*