私事.

「100平方メートル以下の飲食店」が8割超え

 

自民党が出している受動喫煙対策案では、「100平方メートル以下の小規模な飲食店では、表示すれば喫煙可能」とする方向で検討しているが、東京都内の飲食店では、客席面積が「100平方メートル以下」の店舗が、レストランなどの飲食店では85.7%、バーや居酒屋などでは、95%にのぼっていることがわかった。

 

自民党が出している受動喫煙対策案は全く意味がなく、全国ほぼ全ての飲食店で喫煙可能になります。

 

これでは、受動喫煙対策の意味は全くありません。自民党の受動喫煙対策案が採用される店は、ファミレスだけだという話になり、ほとんどの飲食店で、今まで通り赤ちゃんから、がん患者の方までが受動喫煙させられることになりそうです。

 

都民の皆様、この自民党の受動喫煙案が通ったら、近く行われる都議選で自民党候補を落としてください。よろしくお願いいたします。

そもそも100平方メートル(100㎡)以下の飲食店とは、何坪で何畳なのか?

100平方メートルというと、大きさが分かりにくいですが、坪数と畳数にすると大きさを把握しやすいです。

 

1坪は、約3.3平方メートル(㎡)です。

100平方メートル÷3.3平方メートル≒30.3坪

100平方メートルは、約30坪ということになります。

 

30坪は、何畳分になるかというと、1坪は約2畳分なので、

30坪×2畳≒60畳ということになります。

100平方メートルは、約60畳ということになります。

 

私が行く、定食屋や居酒屋で60畳ある店を考えると、ファミレスくらいしか思い浮かびません。結果として受動喫煙対策の対象になるのは、ファミレス等の大きなお店のみで、小さな店は全て喫煙可能になります。

 

100平方メートル(30坪)の飲食店の席数

100平方メートルは約30坪ですが、どのくらいの席数の店なのか、ザックリ計算してみましょう。

 

レストランの店舗面積は、坪数に1.2席を、居酒屋の場合は、1.5席を掛けるとザックリとした席数が求められるようです。

 

(例)レストランの店舗面積30坪×1.2=想定36席

(例)居酒屋の店舗面積30坪×1.5=想定45席

参照

自分の周りにある、レストランや飲食店を考えてみてください。これより席数が少ない店がほとんどなのではないでしょうか?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*