リフォーム, 建築いろいろ.

%e5%8f%b0%e9%a2%a8

台風の後に発生しやすい修繕的リフォームが2つあります。台風による被害対策的リフォームといっても良いかもしれません。どちらも、台風の強風が影響して修繕的リフォームが必要になるのですが、実は経年劣化が原因になっていることが多いです。では見てみましょう。

 

1つ目が横殴りの雨による壁からの雨漏り

台風の後に発生しやすい修繕的リフォームの1つ目が、壁からの雨漏りです。屋根が傷んでいれは、普通の雨でも屋根から雨漏りします。しかし、普通の雨では雨漏りするほど壁に雨は掛かりません。建物からは、屋根の軒が出ていますから、普通の雨では壁の上のほうに、雨が掛かることは少ないのです。

 

台風の巻き上げるような風によって、建物の壁に横殴りの雨が大量に掛かると、普段の雨では雨漏りしない箇所から漏水することがあります。

 

外壁高所のひび割れは地上からは見えないこともあるので厄介
%e5%a4%96%e5%a3%81%e3%82%af%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af

外壁に、地上から見て分かるようなクラック(ひび割れ)が入っていれば、そこから雨漏りしている可能性があると分かります。しかし、2階建や3階建ての屋根に近い高所の壁に、ヘアークラックと呼ばれる「髪の毛程度の細いひび割れ」があっても、地上からはよく見えませんから厄介です。台風の横殴りの雨により、普通の雨では雨漏りしない、高所のヘアークラックから雨漏りすることもあります。

 

そのようなヘアークラックは足場を架けて、ようやく分かる細いひび割れであることが多いです。足場設置後、晴れた日に、ひび割れと思われる箇所に「水掛け試験」を行って漏水箇所を特定します。

 

ひび割れ(ヘアークラック)にシーリングをするだけではダメ
v%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0

このような器具を使い、ヘアークラックに溝を付けて防水材が厚く密着できるようにします。

 

そして、きちんと防水工事を行ってから、塗装工事になります。細いクラックの上にシーリングという防水材を打っても、きちんとシーリング材の厚さが確保できませんから、すぐにシーリングが切れて、また漏水してしまいます。

 

クラックをVカットして溝を付けて、シーリングを厚く施工。防水してから塗装します。塗装する前に、もう一度「水掛け試験」をして、雨漏りしていないことを確認してから塗装工事するのが良いと思います。

 

v%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%b0%e5%ae%8c%e4%ba%86

上記写真の器具で溝を付けたところにシーリング(防水材)を施工した。

 

外壁クラック(ひび割れ)の具体的補修方法については、こちらもご覧ください。

雨漏りの原因となる、外壁クラック(ひび割れ)の具体的補修方法

 

「軒ゼロ住宅」のリスクについてはこちら。

私が「軒ゼロ住宅」を建てられない理由。「軒ゼロ住宅」が抱える5つの雨漏りリスクという記事について考える。

 

2つ目が屋根の「棟板金」が外れて、飛んでしまうこと
%e6%a3%9f%e6%9d%bf%e9%87%91

台風リフォームで多い2つ目が、金属屋根やコロニアル屋根の一番頂部にある「棟板金」が外れてしまうこと。台風で屋根が飛んだと連絡があると、大抵は棟板金です。

 

棟板金は、貫板(ぬきいた)という薄い木材の上に釘で留まっています。貫板は経年すると必ず腐って劣化するので、釘が効かなくなり台風等の強風で外れてしまうのです。時には、貫板と棟板金が外れて飛んでしまい、近隣のガラスを割ったり、車を傷つけたりすることもあるので注意が必要です。飛んだ棟板金が人に当たり怪我をさせてしまうこともあり得ます。

 

台風による住まいの被害を最小限にするには?
%e5%a4%96%e8%a3%85%e3%83%81%e3%82%a7%e3%83%83%e3%82%af

台風による住まいの被害を最小限にするには、10年程度ごとに外壁と屋根のチェックとメンテナンス工事をするのが良いと思います。その時に棟板金もやりかえます。

 

建物の外装は、10年程度ごとに塗装等のリフォーム工事が必要なのです。

 

地上からの目視だけでは、外壁のヘアークラックは分かりませんから、具体的には、足場を架けて、外壁や屋根の近くから目視し、塗装等のメンテナンス工事をするのが良いと思います。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*